2016年08月16日

時代の変化〜このままでは危ない〜3



前回の記事では、ワーキングプアから抜け出す方法のごく一部をお話ししました。

まだ前回の2つの記事を読んでない方は、先にそちらを読んでおくことをお勧めします。

今日から少しずつ、具体的なお話しをしていきたいと思います。



まず、1つ言わせてもらうと、あなたのいまの環境では、きっと何も変わりません。

ワーキングプアから抜け出すことは不可能です。

いまの環境がいまのあなたを作り出しているのですから、当たり前のことです。



この世で起こり得ることはすべて、原因と結果の法則でできています。

ですから、いまの環境にいたって、あなたの未来の結果がいまより良い方向に傾くことなんてないんですよね。



さらに、ワーキングプアから抜け出すためには、『新しい行動』が求められます。

新しい行動をしたのち、新しい結果が未来に生まれます。
それは絶対に生まれるんです。

『どうしたらいいのか分からない』と思うのであれば、まずはこう考えてください。

『今までと違う行動をすべて取り入れる』

そうすることで結果もすべて変わってきます。

『今より悪い結果になったらどうするんだ』
と思われるかもしれません。

大丈夫です。
今のあなたより悪くなることはないですから。



1つ前の記事でお話しした通り、あなたは自己否定の段階をクリアし、今が自分の最低ラインだと考えることのできる人間になれたわけです。

ボクも手持ち資金がゼロ。あわよくばマイナスで借金が150万円以上あった時、

『これ以上悪くなることなんて100%ないよな...』

と思いました(笑)

だから新しい行動をとり、いまはビジネスに執着しているわけです。

だから今、結果が大きく良い方向へ変わってきているんです。

そして、次に、

持っているものをすべて捨ててください。

それは、『いま自分が囚われているもの』です。

ワーキングプアから抜け出したいと思っているあなたは、身軽になる必要があります。

どこまで捨てればいいか。

実のところを言うと、全部捨てれば新しいものが全部入ってきますので、これはおすすめです。


でもそこまでのリスクがとれないなら、やる必要はありません。

捨てられる範囲内で捨てればそれでいいです。

ワーキングプアになってしまっている状態であれば、まずはそういったような『環境の整備』に入らなければならないということです。



そして、この記事を読んでくださっている方の中で、

『りゅうじさん、いまなんか熱く語ってるけど、ボクはいまの状態でも充分満足しているよ』

といったような人が、もしかするといらっしゃるかもしれません。

そういった方に言いたいことがあります。

満足しているなら、それはそれでいいと思います。
でもこの質問に答えてください。

絶対に、10年後、20年後とかにブーブー言わないですか?
絶対にあなたは後悔しないですか?

その質問に明確なシュミレーションをしたうえで『Yes』と答えられるなら、いままで通りにしてください。

しかし、もし『将来後悔するかもしれない』『満足いかない結果が訪れているかもしれない』と少しでも思うのであれば、今すぐ行動してください。

今が50代であれ、ぜんぜん関係ありません。
10代20代であれば尚のこと。
30代40代でも尚のことです。

人生なんて一瞬で変えられます。

むしろ、ダメな期間が多かったからこそ成功した時の反動がデカいんですよ。

もともと御曹子みたいに裕福な人なんて、同じように成功して跳ねたって喜びは小さいものなんです。

そういった意味では、苦労してる時代があったとか、自分自身終わってる時代があったとかいうのはいいことなんです。

ボクだって人間として終わってる時代がありました。
今だってそう思ってます。
だから何度だって立ち上がれるんです。

自分なんて、クソみたいな人生を歩んでた、人間のゴミだったわけですよ。

当時だってそう思っていました。



自己否定が早い段階でできれば、自分に対しての自尊心がまず早い段階でなくなります。

『どれだけバカにされてもいいや』
『どれだけネタにされてもいいや』


と思えるようになるわけです。

ようは、
自尊心がない=傷つかない

ということになるんです。

自尊心が高いと、何か言われた時に傷ついてしまいます。

『オレってすげぇ』
『オレってカッコいい』
『オレってモテる』

なんて思ってたら、何かの拍子に絶対傷ついてしまいますよね。

別にそんなものいらないんですよ。
自尊心なんていらないんです。

『そういう生き方って腐ってるよ』

って言いたいです。



ワーキングプアの状態のままでいれば、ほとんどの場合、必ず後悔します。

だとすれば、ここでいったん自分自身を変えましょう。

明日の記事でも、ワーキングプアから抜け出す方法についてお話ししていきます^ ^

最後までついてきてください。

☞人生がより豊かになる方法はこちら






posted by りゅうじ at 20:19| Comment(0) | 時代の変化〜このままでは危ない〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

時代の変化〜このままでは危ない〜2


以前に書いたボクの記事を読んでない方は、是非そちらを読んでからこの記事を読んで頂くことをおすすめします。



どうすればワーキングプアから抜け出せるのか、

抜け出せる方法は確実にあります。



ただ、あなたが変わればいいだけの話なんです。



今からボクが言うことを、全部その通りにできるのであれば、あなたは今から必ず変わります。



まず、1番初めにしなければならないことですが、それが『自己否定』です。



当時ワーキングプアだったボクもそうでしたが、変な自尊心やプライドがものすごく高かったんです。

1つ目の記事でお話ししたように、いま現在では、働いてないのにも関わらず充分なお金を稼ぐことができている『ノー・ワーキングリッチ』と呼ばれる人が増えています。

当時のボクは、そういった人たちを間近で見て、嫉妬していました。



ただ、絶対にその嫉妬を認めませんでした。



どうしてか。というと、それを認めた時点で自分の自己重要感が崩壊するからです。

つまり、自尊心だけが非常に高く、

『自分は毎日働いてがんばっている。』
『働いてもないのに自由なお金を持ってる人なんて、がんばってないだけ魅力がない人生なんだ。』


というマインドに自分を縛りつけていたわけです。



実際に今の日本では、『しっかりとした企業内でがんばって働いている人たちが認められる』といったような風潮がありますから、なおさらのことですよね。



もちろん、働いてないのにも関わらずお金を稼いでいる『ノー・ワーキングリッチ』と呼ばれる人たちのほうが、自分より幸せな人生を送っているのは定かです。

ただ、そういった自分より上の立場の人間がいても、必ず何かしらの言い訳を作って、絶対に下に収める必要がありました。

そうしなければ、自分のマインドが崩壊するから。



いま言ったことは1つの例ですが、ハッキリ言って今の世の中、ほとんどの人が同じ境遇にいます。

ニートやフリーター、ワーキングプアに当たる人たちというのは、本当は自分たちより幸せに暮らしている人だとか、世の中にすごい人たちというのがたくさんいるにも関わらず、それを素直に認めようとしないんです。

全部認めないで否定して、

『どーせあんなやつ、すぐ終わるだろう』とか、
『一発屋だろう』とか、
『そんなのマグレだろ』
『オレはそんなのには興味ないし』


などと言って、本当は全部受け入れてどんどん自分を変えていかなければならないはずなのに、変なプライドを持つことで自分がもたらした環境を肯定しようとするわけです。



そういったマインドの状態では、絶対にその環境から抜け出すことはできません。

序盤に述べたように、まずは『自己否定』をして、今の自分の環境から脱しなければならない。という『脱環境』の考えに改める必要があるんです。



もっと新しい環境で、新しい価値観をもち、

『すごいものはすごい』

『一流のものは一流だ』


といった感受性をもたなければならないんです。



『自己否定』=『素直になる』ということだと思ってください。

『自分はまだまだだ』と思うということ。

これが重要です。



あなたが0(ゼロ)の状態なら、0(ゼロ)でいいんです。

自分に対する自尊心やプライドを持っていたって、一文の得にもなりません。



『自分はまだまだ未熟である』『必要なことは何も知らない』『世の中は広い』『自分より凄い人たちはたくさんいる』『もっと上には上がいる』



そう思えれば、自分が0(ゼロ)の状態と認めることができるわけですから、

『もっとそこから這い上がって一流の人間になろう』と思うことしかできなくなるんです。



そういった謙虚さ、素直さを持つ、ということ。

意外かもしれませんが、これは本当に重要です。



いわばワーキングプアは、石川啄木のように、『働けどなお、我が暮らし楽にならざり』と同じ状態に当たります。

そういったワーキングプアの人たちは、今の現状に危機感をもってもらいたいと思います。



その環境から脱するためには、まず『自己否定』。

これが重要であるとお話ししました。



自分はまだまだだ。そう思えば、自尊心が無くなります。



ただ、安心してください。

別にそうなったことで、生きていけなくなるわけではありません。

逆にスッキリしますよ。




いったん自分を0(ゼロ)に戻してしまえば、上を目指さなくてならない状態になるわけです。



『這い上がってみせる。』



そう思えるような自分になることができます。

いや、そう思える自分にしていかなければならないんです。



今日のお話しは以上です。

是非とも読者登録よろしくお願いします。



明日は、ワーキングプアから抜け出すための、もっと具体的なお話しをしていきたいと思います^ ^



人生をより豊かにする方法はこちら
posted by りゅうじ at 21:49| Comment(0) | 時代の変化〜このままでは危ない〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

時代の変化〜このままでは危ない〜1


今日は、ボクがビジネスをはじめるキッカケともなった学びをここに書いていこうと思います。

これは、いまビジネスをはじめようと思っていないような人にも役に立つ情報です。



いま、時代は大きく転換期に入ってきています。



これは非常に真面目な話なので、ボクも真剣にこの話を書いていこうと思います。

途中、イラっとさせたり、感情を逆撫でしてしまうような発言もあるかもしれませんが、

それはボク含め、皆さんの人生を本気で変えてほしいと心から思っているからです。



まず、『このままいくと本気でヤバい』と思ってください。

なにが『ヤバい』のかと言いますと、ここに書いてある記事を全て読んでいただければ、

それはすぐにでも分かるんじゃないかなと思います。



では早速、話していきます。



いま社会では、『ワーキングプア』という言葉が流行ってきています。

『ワーキングプア』というのは、『働いているにも関わらず貧しい』といった言葉です。

これは、格差社会における、1つの現象でもあります。



『ワーキングプア』は、『働いているから貧しい』のではありません。『がんばって働いているのに貧しい』といった現象です。

更にむしろ、『働いていない人のほうが裕福な生活をしている』という、『ノー・ワーキングリッチ』という現象も起きています。

そう、すごく不合理な現象が起きてしまっているんです。



実際『ワーキングプア』というものは、『ニート』とか、『フリーター』だけを指しているものではありません。

フリーターの人口が200万人を突破したという話もありましたけれども、こういった若者だけをイメージするだけの言葉ではないんです。

いま、この『ワーキングプア』になっている一番の人たちというのは、40代〜60代ぐらいの方々であったりします。



どういうことかといいますと、

今まで『年功序列』の考えで会社に勤めて、どんどんエスカレーター式で給料が昇給していく。という環境で、それを前提に今までがんばってきたにも関わらず、

途中で日本経済の情勢が変わったりだとか、会社の業績が変動することによって、その『年功序列制度』が続かなくなり、

最終的に会社から放り出される羽目になってしまうといった形のことが多く起こってきている。というわけです。



さらに、20代〜30代の頃にもらっていた給料から一旦は上がったにも関わらず、また20代、30代の頃にもらっていた給料に戻ってしまう。

といった現象も、いまではたくさん起こってきています。



どうしてこういった現象が起こるのか。をお話したいところですが、時間がないので、それは明日以降お話ししていこうと思います。



では、今日はこの辺で!

☞人生がより豊かになる方法はこちら
posted by りゅうじ at 16:30| Comment(0) | 時代の変化〜このままでは危ない〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。