2016年08月20日

時代の変化〜このままでは危ない〜6



こんにちは、りゅうじです。

今日も、一昨日の続きになります。『ワーキングプアから抜け出すための方法』についてお話していきます。



どういったスタンスでやっていけば出世したり成功できるのか。

それは、実は簡単なことなんです。

『コミュニティーや社内に対してもサービス業をする』と思っていただければ分かりやすいと思います。

会社とは、社会という2つの漢字を反対から読んだものです。

いわば小さな社会『会社』です。そういった1つの縮図だととらえてください。

そして、その会社あるいは1つのコミュニティー内で、自分がリスペクトされるような存在になればいいんです。

そしてもう1つ重要なものが、『魅力』です。

人間的な魅力でも、技術的な魅力でも、どんな魅力でもかまいません。

『魅力』を持つことでみんなが集まってきます。と同時に、いろんなチャンスに恵まれていきます。

人生を1人で生きるのではなく、会社内やコミュニティー内の人全員を巻き込んで生きてください。そういったイメージを持つことです。

これは社長だけが成し得ることではなくて、社員でも成し得ることができるものなんです。



そして先ほど言った、『リスペクト』『魅力』を得るためにはどうすればいいのかについて具体的にお話していきます。

まず、自分が無償で誰かに貢献します。

そうしたら、多くの人が自分のファンになってくれます。

ようは、社内やコミュニティー内にマーケティングをかけるイメージだと思ってください。


あるアメリカ人の女性で、男女を結婚へと導くアプローチをプロとする女性がいます。

その人は、NBAのマーケティングの本を読んで、そのマーケティングの考え方を婚活に活かし、世界20数カ国で翻訳されるような超ベストセラーを生んでるんです。

それはどういったことかというと、『クラブに行く』とか『出会いを見つけに行く』とか、そういったことも全て、

お客さんを見つけてそこで商品をアプローチして、お客さんに『良い!』と思ってもらうことと同じであるということ。

ようは、ビジネスも恋愛も同じマーケティングである、ということなんです。

先ほど言ったことと照らし合わせると、『リスペクト』『魅力』を得るためには、社内やコミュニティー内におけるマーケティングをしていかなければならないということです。

自分から誰かに素晴らしい貢献をしていく。

それは、笑顔で話しかけるといったことでもかまいません。『いつもあの人を見る瞬間に気持ちよくなる』と自分に対して思ってくれる人が複数人でもいたら、みんなが魅力を感じてくれるようになります。

当たり前ですよね。

そして、誰かが何かで困っているときに手伝ってあげたら、それは絶対に何らかの形で返ってきます。

誰かに結果を出してあげたり、アドバイスをしてあげたりすることもそうです。

しかしそのためには、自分自身が何らかの結果を出して、多くの人から注目される存在になることが大切です。

そういった意味では、結果を出しておくのは早いほうがいいです。

たくさんの人から一気に注目を集めることができますから。

いずれにせよ、『すごいな』と思われたり、いろんな側面から自分に対しての関心をグッと集める。ということが重要になってきます。



いま言ったようなことをしていくと、自分のもとに集まってくれた人たち全員とこれからの人生を生き抜いていくことになると思います。

ですから、ビジネスで上手くいかない人というのは、人付き合いが薄っぺらいんです。ハッキリ言って。

そんな薄っぺらい人がブログやSNSで何かをぶつぶつ言ってたって、正直な話、稼ぐことなんてムリなんですよ。

『魅力が無いし、この人の文章や話は引き込まれないな』と思われてるんです。

ようは『この人に会ってみたい、話してみたい』と思わせられないわけですから。


ハッキリ言いますけど、本気で魂を燃やしてください。自分の中にあるスピリッツみたいなものを。

これって外に出ますからね。

情熱が無い人や覇気が無い人って、すぐに分かります。

逆に、『この人本気だな』って思われれば、みんなが動いてくれるわけですよ。

魂が抜け殻になってたら、何をやってもムリだと思ってください。



日頃から対人関係能力を築いて、全力を賭して仕事をやって、貢献をどんどんしている人にはじめてリスペクトや魅力が生まれてくるんです。

ブログのPVだって、全力でやっていれば伸びていくはずなんです。

すごく簡単な話じゃないですか?



稼ぐための難しいテクニックだとかは、何をしなくてもゆっくりと着実に身についていきます。

赤ちゃんが生まれてからハイハイをはじめて、次第に歩けるようになるように、それと同じでスキルだって次第にプロセスの中で身についてくるんです。



そして、一番重要なことをいまから言います。それは『人』です。

『対人関係』という部分を動かせない人はダメなんです。

とにかく周囲の人に対して自己表現をして、その自分のコミュニティーが10人ぐらいになって、リスペクトしてもらえるようになれれば、それをどういうフェーズにもって行っても、そのリスペクトや魅力は拡大します。

規模もどんどん大きくなります。

そうすると、人生も上手くいくということなんです。



最後にまとめます。

あなたがいまワーキングプアの状態であるなら、このままいくとヤバいですからね?

10年後も所得が年収200万円とかで大丈夫だとか、自分は300万円でも満足しているだとか。

そういった考えを持っていること自体、ハッキリ言ってヤバいです。

その年収の中で何ができるんですか?

自分の大切な人に何かをしてあげるってこともできないだろうし、自分のやりたいこともできないだろうし、

貢献とかもできないだろうし、器まで非常に小さくなる。

さらに『自分はこれで満足している』なんて言いながら、、

あとで後悔しても遅いんですよ?

歳をとればとるほど苦労します。歳が理由にはなりませんが、若いうちにやっておいたほうがいいのは確かです。

いくら後悔したって時はさかのぼれないんですよ。

むしろ、この記事に今日出会ったこと。それを幸運と思って、いまが一番若いんだと自覚して、

これまでボクが言ってきたようなことを変えていくべきなんです。



以上が、今回のボクのメッセージです。

少し厳しいことも言いましたが、次回からはもっと重要なお話をしていきますので、お楽しみに^^



『時代の変化 〜このままでは危ない〜』完。


☞人生がより豊かになる方法はこちら




posted by りゅうじ at 14:42| Comment(0) | 時代の変化〜このままでは危ない〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

時代の変化〜このままでは危ない〜5



こんにちは、りゅうじです。

今日も昨日の続きを書いていきたいと思います。



さて、昨日はワーキングプアから抜け出すために一つ目にするべきこと、『自己否定』についてお話したかと思います。

まずは『自分のマインドを整える』ということがどれほど重要であるかを分かっていただけたでしょうか?

今日からは、やっと具体的な方法についてお話ししていきます。

今日まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。



ワーキングプアから抜け出すため、『1、自己否定』の段階を経たあなたがするべきことは2つに分かれます。

それは...



2、良い会社を探す。か、

2、起業する。あるいは情報発信を始める。

このどちらかです。




まずは、『2、良い会社を探す。』ということについてお話します。

人は仕事によって魂が磨かれていきます。

まずは不満足をもって会社を探してください。

そこには偉い部長もいるし、社長もいるし、会長もいるし、オーナーもいるかもしれません。

いろんな人がいる中で、尊敬できる人、はたまたダメな人もいるかもしれません。

『こんな上司にはなりたくないな...』と思える上司もいるかもしれません。

でもみんな色々なことを経験していて、その分野における『先輩』であるわけです。

そこから得られるものたるやハンパじゃないんですよ。

よく、『その会社で何のために働いているんですか?』と聞くと、

『生活費のため』と答える人がいますが、そんなの腐ってると思ってください。

『自分自身の勉強のためにここにいる。』と言えなければダメなんです。

会社に入る。ということは、何かを知っている社長と、何かを知っている役員と、何かを知っている部長。

いろんな人がいるわけです。

その人たちの人生全て買えるんですよ、しかもタダで。

さらには生計まで立てさせてくれて、仕事も覚えさせてくれて、その人たちの全人生、ノウハウを吸収できちゃうわけですよ。

そうしたらとんでもない生涯価値になるわけです。



人が器を変える上で大切なのは対人関係です。

人にもまれることで自分も大きく変わることができます。

それは、いままであなたの周りにいたような、あなたと同じ類の人間ではありません。

だいたい、そこから得られるものなんて何もありません。

『良い会社を探す』ということは、『良い人を探す』ということと一緒なんです。

会社を、条件とかそういうもので選ぶんじゃなくて、誰が経営しているのだとか、誰がどういう信念やビジョンをもってやっているのだとか、

そういったところにフォーカスして、その自分がフォーカスした人から全てを盗む。と考える。

そうしていくことであなたはどんどん変わっていきます。

これが、ワーキングプアから抜け出すための『脱環境』の1つです。




そしてもう1つが、『2、起業する。あるいは情報発信を始める。』ということだと言いました。

『情報発信』と言うよりも、『自己表現』といえば分かりやすいかもしれません。

『起業』というのは、読んで字のごとく、ビジネスを起こすといったような意味です。

いま貯金がある方は、資本金300万円などをまず入れる。無ければ別にしなくても良いですし、100万円や30万円でやってもいいです。

ようは会社を自分で始めていくんです。

いままであなたは会社の看板で、経理は誰がやってくれるだの、営業は誰がやってくれるだの、会長や社長がビジョンを考えてくれるだの、

全部甘えんぼ甘えんぼで来てたんじゃないかと思います。

ようは、それらを全部1人でやるんです。

経理も、営業も、プロダクト開発も納品もサポートも全部1人でやるんです。

それが『業を起こす』ということです。

できる人はコレをやっていけばいいと思います。



でも、『いきなり起業なんて自分にはムリだ。リスクが高い。』と言う方は、先ほど言った、『自己表現』をしていけばいいと思います。

自分の思っていることや、好きなこととかをどんどん表現していくんです。そうすると何が起こるのかというと、

自分と同じようなことをしている人たちが集まります。

この『輪』がすごく重要なんです。

よく『起業しろ』だなんて言うと、『いやオレはちっこい人間だし、そんなことできないよ』と言う人がいますが、

それはボクも一緒です。
ボクだって何にもできないんですよ。

『それなのにどうして成功できるとほざいているのか。』
それは自分ができないことを他の人がもっているからです。

ようは、人がもっている経営資源を集めちゃえばいいんです。



成功したい人間は、『旗上げができる』ということと、『自分の思いを表現したりすることに熱くなれる』ということ。

この2つが重要です。

それをもってしてはじめてそこに人が集まってきて、そこにいる人たち、人脈から全てを学び続けることができるんです。

そういったときにこの『自己表現』というものが重要になってきます。

芸術をやっていても、歌をやっていても、アートをやっていてもいいと思います。

プログラミングの開発や、ソフトウェアの開発をしてもいいし、営業が得意なら営業をやったらいいし、

自分の趣味を発信してもいいし、

とにかく自己表現をしまくる。そしてさらに、この精度をどんどん高めていく。



いま言ったようなことを、どれでもいいからはじめていってください。

細かいことは、ボクのジョブチェンジメルマガでもお伝えしていきますし、そこではもっと具体的な方法を書いていくつもりですが、

いずれにせよ、さっき言った2つのどちらかです。

『良い会社を探す』か、『起業する。あるいは情報発信をしていく』



さっき言った『自己表現』で思い当たる節がある人は、すぐにでもやっていくことをおすすめします。

この重要性は、分かる人には分かります。

もしそれが分からなかったり、イメージが付きにくい人は、まずはもまれるといいと思います。

良い会社を探して、そこでもまれてください。

何をするにも本気で、真面目にやってください。

『業務時間中だけ何とかこなそう』とかいう考えをもっている人なんて、もう終わってます。



明日はもっと役に立つお話をしていきたいと思いますので、おたのしみに^^

人生がより豊かになる方法はこちら
posted by りゅうじ at 06:37| Comment(0) | 時代の変化〜このままでは危ない〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

時代の変化〜このままでは危ない〜4



こんにちは、りゅうじです。

前回の続きをお話ししていきたいと思います。

前回の記事を読んでない方は、まずそちらの3つの記事を読んでいただくことをオススメします^ ^



さて、

今の日本がワーキングプアの状態から良くなるためにも、『起業件数を増やさなければならない』という部分には着目するべきです。

起業家を増やして、新しいプロダクトをどんどん出して、みんながいま眠ってる貯金を降ろしてでも買うような商品を作っていかなくてはならないんです。

これを読んでいるあなたも、『自分たちの社会を良くしていく』っていう考え方をもって、それぐらい前のめりに熱くなっていかなくてはならないんですよ。

それがあなたのためにもなるんですから。



現在ワーキングプアの状態にある人は、絶対にそこから脱出しなくてはなりません。

いまからそれの『流れ』についてお話ししていきます。



1、自尊心・プライドは全て捨てる。

これは絶対です。
騙されたと思ってやってみてください。『もっとがんばろう』と思えるようになるはずです。



しかし、今の現状に満足している人もいると思います。

たとえば、2人のカップルがいて、
2人ともバイトをしていて、
そのバイト終わり、週3、週4のペースで会っているとします。

ヒマな時はほとんどの時間を一緒に生活していて、
『今が幸せですか?』と聞くと、
『すごく幸せです』と答えています。

もちろんそれは幸せだと思います。

でもよく考えてください。

それが10年後、20年後にも続くという保証はありますか?

人間は、その時の満足感が高すぎるとそれ以上動けなくなるんです。

人間の行動のモチベーションは全て、『不快』『不便』『不満足』にも当たる、『不』がつくものです。

もし、あなたがワーキングプアの状態で、『このままじゃダメなんじゃないか』と思うのであれば、その状態の『不満足』に喚起しなくてはならないんです。

『満足』に『不』をつけてください。



いまよりもっと幸せになりたいのであれば、必ず新しい行動を起こさなくてはならなくなります。

25歳で満足している人はもちろん、そのままの状態が続くと思っています。

ですが、35歳になって気づきます。

『25歳のときは良かったのに...』と。

その時付き合っていた彼女とも別れているかもしれません。
自分が好きなことをして遊んで、のらりくらりやっていたのに、その時になっては何1つとして人に言えるようやスキルもパッションも無くなっているかもしれません。

『でもまだ若い。まだ若いから大丈夫。』

と思っていても、どんどんと年は過ぎていきます。

40歳、45歳になったあなたは、
若いときに得た満足感にいまだ執着し、

『努力しようとしない』
『人生を変えようとしない』
『素直になれない』
『謙虚になれない』
という考え方が新しい価値観を受容しようとしない自分を作って凝り固まり、

『刺激も受けない』
『人生観も知らない』
『本当の男の魅力も分からない』
いつの間にかそんな自分になっていって、

そして最後には人からもリスペクトされなくなり、魅力があるとも思われない人間になります。

若い時は通用するんです。『若さ』というものが、もはや『魅力』そのものだからです。

しかしその『若さ』というものが抜けた時に持っているものが何も無ければ、本当に誰にも相手にされないような人間になってしまうんですよ。



『いま』が、あなたにとって1番若い時期なんです。だったら『今日』から最短最速で自分を変えていく努力をしていかなければならないんです。

これは50歳であろうと60歳であろうと関係無いんですよ。



ケンタッキーのフライドチキンのおじさんは、60歳で起業して全米チェーンを作りました。

歳なんて関係ありません。
『今からでは遅い』とかいう話ではないんですよ。

『このままいって5年後とか10年後にみじめな思いをしていいんですか?』
っていう話なんです。



あなたの今の『満足』は、本当の意味での『満足』ですか?

5年後も10年後も、その延長線上にその『満足』がずーっと続く保証なんてどこにもないんですよ。

『いまは友だちもいるし、彼女もいるし...』

とかいう、単なる自尊心からくる満足を言う人がいますが、その満足は本当の意味での『満足』ではないことが多いです。

それよりもまずは『自己否定』をして、『もっと上に行くぞ!』って思ってください。

あなたが知らないことなんて、世の中にたくさんあります。

あなたが知らない価値観だって、世の中にたくさんあります。

本当にハッキリ言って、
『努力もしてなくて金も持ってない人間』
『めちゃくちゃ努力して金を掴んだ人間』のあいだには圧倒的な考え方の差があります。

『貢献性』に関するものだったり、
『筋を通す』ってことだったり、
『人を喜ばせることができる』という部分も、
『人を魅了して牽引する』っていう部分も、努力してる人間には本当にずば抜けているものがあります。

全てが別物ですよ。

その『別物の価値観』を、あなたも今から学んでいかなくてはならないんです。



次回は、ワーキングプアから抜け出すための2つ目の『流れ』について説明していきます^ ^

今日もありがとうございました。

ぜひブックマークと読者登録をしておくことをお勧めします。
そういっためんどくさいことの一つ一つの積み重ねが、大きな結果をもたらしますからね。

記事は毎日欠かさず更新していきます。

☞人生がより豊かになる方法はこちら
posted by りゅうじ at 21:44| Comment(0) | 時代の変化〜このままでは危ない〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。